なんでも鑑定団番組史上最大の発見!曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)とはこんな器。

公開日: 

テレビ東京系列で20日に放送されたバラエティ番組『開運!なんでも鑑定団』(毎週火曜 20:54~)で、世界で3点しか確認されていない”曜変天目茶碗”の4点目が発見された。

出典:マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/
news/2016/12/20/520/

曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)とは?

漆黒の器で内側には星の様にもみえる大小の斑文が散らばり、斑文の周囲は藍や青で、角度によって虹色に光彩が輝き、「器の中に宇宙が見える」とも評される。曜変天目茶碗は、現在の中国福建省建陽市にあった建窯(中国語版)で作られたとされる。現存するものは世界でわずか4点(または3点、後述)しかなく、そのすべてが日本にあり、3点が国宝、1点が重要文化財に指定されている。

出典:ウィキペディア 
https://ja.wikipedia.org/wiki/
%E6%9B%9C%E5%A4%89%E5%
A4%A9%E7%9B%AE%E8%8C%B
6%E7%A2%97

世界に3点しか見つかっていなくてそれが全部日本にあり、しかもその3点すべてが国宝ということですから、どえらいものが出てきました。

古美術鑑定家の中島誠之助さんが「なんでも鑑定団22年の歴史の中で最大の発見」と言っているくらいのものです。

曜変天目茶碗
見た目はこんな器です。

漆黒の闇に星が広がっているような、何とも言えない不思議な美しさを放つ器ですね。

鑑定結果では2千5百万円でした。番組史上最大と言ってるわりには安いのではないかと思いました。

放送をうけ、ツイッターなどでは驚きが広がった。ただ、「2500万円」の鑑定額をめぐっては

「安っ!」

「たったの2500万円らしいですね。倍額の5000万円でもオークションに出したら、即決だと思います」

「曜変天目茶碗が2500万円は安すぎる」

といった声が出ていた。中には、相続税への配慮から2500万円に鑑定額が抑えられたのではないか、といった推測を書き込む人も。「2500万円」が、生前贈与に特別控除を認める「相続時精算課税制度」の限度額である事からの類推なのかもしれない。

出典:Biglobeニュース
https://news.biglobe.ne.jp/
domestic/1221/jc_161221_
2552612640.html

つまり、依頼人の相続税に配慮して低めの金額が提示されたのではないかという事です。中島誠之助さんが番組史上最大の発見と言うくらいですから本来なら5億円は下らないのかも。

税務署はなんでも鑑定団をチェックしているって聞いたことありますし。

【ツイッター民の意見】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑