ネットに現れた超強い棋士がsai=藤原佐為ではないかと話題に!その正体について考察してみた

公開日: 

ネット上の囲碁サイトに正体不明の謎の超絶棋士が突然現れ、趙治勲名誉名人と互角の戦いを演じた囲碁AI(人工知能)「Zen」を圧倒したことが、囲碁界で話題もちきりだ。その名は「God Moves(ゴッドムーブズ、神の手)」。ほとんど時間を使わぬ高速の打ち回しから、超人的な新手の囲碁AIとみられている。

出典:朝日新聞デジタル 2016年12月24日11時45分
http://www.asahi.com/articles/
ASJDM75CMJDMUCVL031.html

この展開はまさにヒカルの碁に出て来るようなエピソード。「God Moves」なんて名前じゃなくて、「sai」だったらもっと話題になったことでしょう。にしても「Zen」ってネットで対戦できるんだなと思って調べてみたら、windows版のCDROMでも売っていました。https://book.mynavi.jp/tencho6/

趙治勲25世本因坊と互角の勝負をした「Zen」に殆ど時間をかけずに勝ったという事から、プロ棋士の誰かというわけでもないでしょう。

記事にもあるように、超人的な新手の囲碁AIか?「Zen」の開発にはディープラーニング研究の松尾豊東大特任准教授も参加しドワンゴが資金援助しているプロジェクトですが、国内には今のところこれを上回る囲碁AI開発のプロジェクトはない。私が思うには海外で開発された囲碁AIなんじゃないかと。それか、グーグルのアルファ碁そのものか?そのどちらかでしょう。藤原佐為という可能性もゼロではありませんが(笑。

【ツイッター民の反応】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑